リップスティックジャングルと韓国ドラマのストーリーが似ている?

韓国独特の「標的市場を設定する」こと、これこそ韓流ドラマがこれだけ躍進した秘密ではないかと思います。
そのように考えられています。
韓流ドラマは、日本、アメリカと言った大きな市場において、最初は手を出しませんでした。
(汗)ですから、台湾、タイ、インドネシアと言った東アジア市場と言う比較的小さな市場を狙ったと言います。
それぞれの市場に対し放映権料の低価格化があります。
また、プロモーションなどを行う接近戦を行うことがあります。
これらを行なう事によって、それぞれの市場で1位の地位を獲得してきたと言うことですね。
(笑顔)インドネシア、その他の東アジアにおいても同じように人気が出たと言えます。
(笑顔)市場に対する考え方は、韓国と日本では全然違うようですね。
日本は、日本市場だけで充分にやっていけるだけの力と規模を持っていますよね。
ですから、ドラマを輸出することは、それほど積極的には考えてはいないようですね。
(汗)日本市場においては、国内でのDVD販売と言う2次重要得も充分にできていると言うことがあります。
それに対して韓国の市場は、そんなに大きくないことが言われています。
そんなことがあって海外に輸出しているのです。
そして、お金を稼いでいかなくてはならないと言うことです。
そうした戦略も必要になってくるからですね。
実際に現在は、韓流ドラマの日本への進出ぶりは見事なものですよね。
日本だって日本市場に甘んじていると衰退してしまっていきます。
そして、あっという間に韓国市場になってしまうかもしれませんね。
(汗)
リップスティックジャングル無料視聴で3人の恋のストーリを楽しむには